しゃぶしゃぶなどを提供する和食チェーン「木曽路」(名古屋市)の労働組合が昨年6〜7月に実施した「従業員意識調査」で、約4割の従業員が社内で勤務時間を正しく報告していないと回答していたことが6日、同社への取材で分かった。実際は報告よりも長い時間勤務しているケースが多いと見られ、サービス残業が横行していた可能性がある。

 同社によると、勤務時間は従業員自身がパソコンで入力する仕組みで、正しく報告することを「正直打刻」と社内で呼んでいる。労組の調査では、41.8%の従業員が「正直打刻」ができていないと回答した。