ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使が6日、千葉大病院(千葉市)を訪れ、ロシアの侵攻で重傷を負って来日し、同院で治療中のウクライナ人男性を見舞った。大使によると、侵攻の負傷者を受け入れたのは国内の病院で初。横手幸太郎院長は「われわれの医療が役に立つのは大変うれしい。今後もできることを最大限していきたい」と述べた。

 男性はウクライナ西部リビウの国立大で、社会人学生として日本語を学んでいたアントン・コルニシュクさん(37)。3月25日、首都キーウ(キエフ)近郊で住民の避難を誘導中、ロシア軍の砲撃に遭った。