防衛省統合幕僚監部は8日、ロシア軍のものとみられる航空機計4機が7日夜、北海道西方の日本海を飛行したと発表した。4機は日本領空に向かって直進飛行し、離れていった。同省は「近年、類似の飛行は見られない」として、異例の行動だと分析している。ロシア軍による挑発行為の可能性もあり、警戒を強めている。

 防衛省によると、北海道西側の日本領空に向かった4機は、領空に入る手前で方向を変えた。うち2機は折り返して北海道西方を旋回飛行し、別の2機は北上し、サハリン上空へ抜けた。

 航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応。領空侵犯はなかった。