JR東海は14日、走行中の東海道新幹線の車内で不審者が刃物を出したと想定した防犯訓練を報道陣に公開した。昨年、小田急電鉄や京王電鉄の車内で発生した通り魔事件を受け、国土交通省がまとめた対策を実践。実際の列車を使い、異常事態の判明後も緊急停止せずあえて走行を続けるなど柔軟な対応を試した。

 訓練では、品川駅を発車後に刃物を持った男が暴れ出し、乗客役が非常停止ボタンを押して、添乗の警備員が刺股や盾でけん制した。新横浜駅まで走行し、本来とずれた位置で停車しながらも、ホームドアを開けて乗客を避難誘導。神奈川県警の警察官が乗り込んで男を確保した。