14日午後6時ごろ、東京都新宿区のJR新宿駅西口近くの工事現場で「クレーン車が転倒した」と110番があった。警視庁新宿署によると、男性作業員1人が首や腕にけがをして病院に運ばれたが、意識はあるという。署が事故の原因を調べている。

 署によると、クレーン車は作業中にバランスを崩して転倒した。誘導を担当していた男性が負傷し、運転手の男性は自力で脱出して無事だった。

 事故があったのはビルの建設現場で、救急車が駆け付けるなど一時騒然とした。帰宅途中の会社員平林篤子さん(45)は「風もそんなに強くないのに、なぜ大きな重機が倒れたのだろうか」と首をかしげた。