鹿児島県大崎町で1979年に男性の遺体が見つかった「大崎事件」で、殺人罪などに問われ懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(95)の弁護側は27日、第4次再審請求を棄却した22日の鹿児島地裁決定を不服として、福岡高裁宮崎支部に即時抗告した。共犯とされた元夫(故人)についても即時抗告した。

 中田幹人裁判長は、事故死だったと主張する弁護側証拠を「限定的な情報から推論を重ねている」などとして退け、再審開始を認めなかった。

 大崎事件の再審請求は、第1次の地裁、第3次の地裁と高裁宮崎支部が開始を認めたが、いずれも上級審で覆っていた。