政府の個人情報保護委員会は13日、兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが一時紛失した問題を受け、市の業務委託先事業者への行政指導の要否を検討する方針を決めた。また、事業者全体に情報の取り扱いについて幅広く注意喚起している。

 委員会が尼崎市の委託先の情報サービス会社「BIPROGY(ビプロジー)」にヒアリングを行い、問題点を確認する。市からも委託関係などを任意で聞き取り、必要に応じて個人情報の取り扱いに関する情報提供といった支援を行う。

 事業者全体に向けては、個人データの適正な取り扱いに関する注意喚起をウェブサイトで公表した。