気象庁は15日午前、山口県を含む九州北部と九州南部で15日夜から16日午前にかけて、局地的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生する可能性があるとの予報を出した。6月に予報を出す仕組みの運用が始まって初めての発表となった。線状降水帯ができると大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるとして、土砂崩れや浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、16日にかけて、九州北部に停滞している前線が九州南部まで南下する。前線に暖かく湿った空気が入る。寒気の流入も影響し、西日本から北日本の広範囲で大気が非常に不安定になる見通し。