JR西日本金沢支社は22日未明、走行中の北陸新幹線車内での無差別殺傷事件発生を想定した訓練を富山駅で行い、警察や消防との連携を確認した。駅コンコースで化学薬品がまかれるテロへの対処訓練も併せて実施した。

 走行中に車内で乗客が刃物を振り回す事態が発生したと設定。富山駅に新幹線を停車して乗客を避難させ、警察官がホームで犯人を制圧した。対テロ訓練では構内の客の避難、倒れた人の救護、化学薬品の除去の手順を確かめた。

 JR西金沢支社の小堀聡一郎安全推進室長は「警察や消防との連携を繰り返し確認していきたい」と話した。