2015年9月の関東・東北豪雨で、鬼怒川の氾濫などによる浸水被害が起きたのは河川管理の不備が原因だとして、茨城県常総市の被災住民ら約30人が国に約3億5千万円の賠償を求めた訴訟の判決で、水戸地裁は22日、「一部で河川区域指定を怠った」として国の責任を認め、このうち9人への計約3900万円の賠償を命じた。

 水害訴訟で国に賠償を命じる判決は異例。常総市では当時、鬼怒川沿いの上三坂地区で堤防が決壊、7カ所で水があふれた。原告の一部は控訴する方針。

 阿部雅彦裁判長は判決理由で、治水上極めて重要な砂丘を河川区域に指定する義務を国が怠った、と原告の主張を認めた。