東証スタンダード上場の中堅ゼネコン銭高組(大阪市)が大阪国税局の税務調査を受け、2021年3月期までの4年間で約4億円の申告漏れを指摘されていたことが22日、関係者への取材で分かった。うち約4500万円は下請け会社からキックバックさせたリベートとされ、悪質な仮装隠蔽を伴う所得隠しと認定されたとみられる。

 関係者によると、銭高組を含む3社の共同企業体(JV)が手がけた兵庫県西宮市の鉄道工事で、同社の現場所長が下請け会社から複数回にわたって現金の払い戻しを受けていた。追徴課税は約1億円。修正申告した。