第11管区海上保安本部(那覇)は22日、沖縄県・石垣島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、台湾の海洋調査船がワイヤのようなものを海中に下ろしているのを確認したと発表した。11管は同意のない海洋調査の疑いがあるとみて、無線で中止を要求した。

 11管によると、現場は石垣島の南南東約97キロの海域。午後4時10分ごろに航空機から確認した。