米軍が東シナ海で6月下旬から約1週間にわたり、大量の戦闘機を飛行させ、一部は日中中間線を越えて中国本土に接近していたことが25日、複数の日本政府関係者などへの取材で分かった。中国軍も戦闘機の飛行で対抗し、米軍に対し「挑発すれば反撃に遭う」と警告した。日本にも米軍から事前通告があった。航空自衛隊の戦闘機は参加せず、周辺で空中警戒管制機(AWACS)やE2C早期警戒機が警戒監視に当たった。

 今回の作戦は軍事圧力を強化し、中国海軍、空軍による台湾周辺を含めた東シナ海から太平洋への活動拡大を押し返す狙い。