東京都あきる野市の村木英幸市長(65)は28日、議会による2度目の不信任決議可決により失職することが決まった。地方自治法の規定により29日に自動失職。議会は村木氏の特養ホーム整備を巡る対応を問題視し、6月に最初の決議を可決していた。

 市選挙管理委員会によると、50日以内に市長選を実施する。村木氏は記者会見し、無所属で立候補すると表明した。不信任決議を「厳粛に受け止めるが、納得していない」と述べた。元市議中嶋博幸氏(55)も出馬に意欲を示している。

 市議会事務局によると、今回の決議では議長を含む21人のうち、19人が賛成、1人が反対、1人が退席した。