2016年に拳銃自殺した神奈川県警巡査の両親が、県に約5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、横浜地裁は29日、県警の安全配慮義務違反を認め、全額の賠償を命じた。