日本列島は2日、広い範囲で高気圧に覆われ、午前から各地で気温が上昇した。全国914観測点のうち、午前9時時点で最高気温が30度以上の真夏日となったのは380地点。気象庁は、熱中症の危険が極めて高いとして警戒を呼びかけている。最高気温が41度と予想された埼玉県熊谷市は午前10時20分ごろに35.1度まで上がった。

 午前10時までに35度以上の猛暑日となったのは鳥取市35.4度、富山市と富山県高岡市35.2度、埼玉県越谷市35.1度など。名古屋市と東京都心も35度に迫った。