9日午後5時20分ごろ、愛知県犬山市八曽の山中の市道で、車が崖から落ちそうになっているという通行人からの110番で駆け付けた犬山署員が、ワゴン車内で子ども2人の遺体を発見した。署は10日、同県扶桑町小淵小淵新開に住む小学4年田中千結さん(9)と小学1年十楽君(6)のきょうだいと確認したと発表。また、約13キロ離れた自宅できょうだいの母親(42)が遺体で見つかったと明らかにした。

 捜査関係者によると、自宅からは遺書が見つかった。

 署は、遺体の状況から3人とも殺害された疑いが強いとみて死因を特定するとともに、連絡が取れていない父親(42)の行方を追っている。