台風8号は12日、日本の南を北寄りに進んだ。13日の日中に東日本の東海や関東甲信地方の太平洋側に最接近し、上陸する見込み。気象庁は東海地方に線状降水帯が発生する可能性があるとの予報を発表。大雨による土砂災害や浸水、河川の増水、暴風や高波に警戒を呼びかけた。お盆の週末と重なり、交通への影響や水の事故にも注意が必要だ。

 気象庁によると、13日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で東海300ミリ、関東甲信200ミリ、東北100ミリ。その後の24時間は東海100〜200ミリ、関東甲信100〜150ミリ、東北50〜100ミリ。