性同一性障害特例法に基づき男性から性別変更した40代女性が、凍結保存していた自身の精子で女性パートナーとの間にもうけた女児2人を認知できるかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(木納敏和裁判長)は19日、「子どもの出生時、既に法律上の性別が女性に変わっていた場合、認知できない」との判断を示した。その上で、性別変更前に生まれた長女(4)に限って父としての認知を認めた。

 一方、変更後に生まれた次女(2)は父としても母としても認知を認めなかった。姉妹はDNA型鑑定などから生物学上はカップル間の子どもと認められながら、法律上の父子関係が分かれる形となった。