北海道小樽市で8月、小学校の通学バスが故意に急ブレーキを繰り返し、複数の児童が頭などに痛みを訴えたことが1日、市教育委員会への取材で分かった。運転手は「騒いでいたので静かにさせようと思った」と説明しているという。