防衛省は15日、中国海軍の測量艦1隻が同日午前、鹿児島県の屋久島付近の日本領海に侵入したと発表した。海上自衛隊の護衛艦や哨戒機が監視に当たった。

 防衛省によると、測量艦は15日午前3時半ごろには、種子島の南南東で、領海外側の接続水域を航行。午前7時20分ごろ、屋久島の南で領海に侵入し、約3時間半後の午前10時52分ごろ、口永良部島の西から領海の外へ出た。