岐阜県飛騨市の神岡鉱山でじん肺になったのは、会社側の粉じん対策が不十分だったためだとして、富山、岐阜両県の元作業員ら8人が三井金属と子会社の神岡鉱業に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(安浪亮介裁判長)は、会社側の上告を受理しない決定をした。15日付。じん肺と認定した6人を含む全員に計約1億2千万円の支払いを命じた二審判決が確定した。

 2020年の一審岐阜地裁判決は、3人のみをじん肺と認定。残る5人にも一定の健康被害があるとして会社側に計約9千万円の支払いを命じた。21年の二審名古屋高裁判決は、新たに3人をじん肺と認定し、賠償総額を引き上げた。