防衛省統合幕僚監部は27日、中国とロシア両国の海軍艦艇計7隻が26日から27日にかけて、伊豆諸島付近など太平洋側を航行したのを確認したと発表した。ロシアが実施を公表している両国による太平洋での合同パトロールの一環とみられる。うち6隻は今月初め、北海道沖の日本海で機関銃射撃を実施し、オホーツク海に移動していた。

 防衛省によると、中国のミサイル駆逐艦、フリゲート艦、補給艦それぞれ1隻は26日に伊豆諸島付近を進み、27日には紀伊半島・潮岬の南南東約300キロを航行した。