全国瞬時警報システム(Jアラート)で北朝鮮の弾道ミサイル発射情報が伝えられた自治体のうち、北海道新ひだか町、北海道恵庭市、青森市、青森県平川市の4市町で防災行政無線などを通じた住民への情報伝達に支障が生じた。原因は調査中。総務省消防庁が4日明らかにした。

 同庁によると、楽天モバイルによる緊急速報メール配信にも支障があり、詳細を調べている。Jアラートの対象になった北海道、青森県、東京都からは、いずれもミサイル発射による被害はなかったとの報告があった。