気象庁によると、27日午前9時の観測で、フィリピンの東の海上にある熱帯低気圧が台風22号に変わった。西寄りに進み、31日ごろに南シナ海で北上するとみられる。予報円はまだ大きいが、進路によっては、来月1日ごろに沖縄・先島諸島に近づく可能性もある。

 気象庁はこの方面の船舶に警戒を求め、今後の情報に注意を呼びかけている。