韓国ソウルの雑踏事故で死亡した日本人2人のうち1人は北海道根室市出身の冨川芽生さん(26)とみられることが30日、父親の歩さんへの取材で分かった。日本の外務省から連絡があった。歩さんは「まさか自分の娘が巻き込まれているとは思わなかった」と話した。

 歩さんによると、冨川さんは以前から「韓国語を使って日本人向けにいろいろやりたい」と話し、6月から語学留学中だった。29日午後7時ごろ、冨川さんから「フランス人の友人と出かける」と連絡を受けた。30日朝、携帯電話にかけ続けるうちに現地の警察官が出て「現場に落ちていた」と話した。歩さんは現地へ向かう準備をしている。