韓国・ソウルの雑踏事故で亡くなった北海道根室市出身の留学生冨川芽生さん(26)の遺体を乗せた飛行機が5日午後、羽田空港から北海道・中標津空港に到着し、その後、自宅近くの根室市の斎場に運ばれた。

 飛行機は午後2時ごろに着陸。同45分ごろに冨川さんの遺体を乗せた霊きゅう車が空港を出発し、午後4時20分過ぎに斎場に到着。喪服姿の父歩さん(60)らに迎えられ、白いひつぎが運び込まれた。通夜は6日夜、葬儀は7日午後にそれぞれ執り行われる予定。

 歩さんによると、芽生さんは6月に韓国で留学生活を始め、10月29日にソウルの繁華街・梨泰院の路地で起きた事故で亡くなった。