北海道伊達市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事案で道は7日、国が「疑似患畜」と判定したことを受け、養鶏場で飼育されている肉用鶏約15万羽の殺処分を決めた。道内の養鶏場では10月の厚真町に続き今季2例目。

 また道は伊達市の養鶏場から半径3キロ以内の2カ所の農場で飼育されている約6万羽の移動と、3〜10キロ以内の3カ所の農場で飼育されている計10万羽の域外搬出を禁止した。

 道によると、伊達市の養鶏場から6日夜、「鶏が約60羽死んでいる」と家畜保健衛生所に通報があり、簡易検査で陽性と確認。7日、遺伝子検査で陽性が判明した。