モーターの力で自走するペダル付き電動自転車を無免許で運転したとして、警視庁大崎署は8日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、東京都品川区の20代の無職男性を書類送検した。

 ペダル付き電動自転車は原動機付き自転車などに分類され、公道を走るには運転免許が必要となる。見た目が電動アシスト自転車と似ており、警視庁は注意を呼びかけている。

 書類送検容疑は9月28日午後3時ごろ、品川区西五反田7丁目の都道で無免許運転した疑い。容疑を認め「買い物に行くために友人から借りて運転していた」と供述しているという。