海上自衛隊と米豪印の海軍による共同訓練「マラバール」が8日、始まった。中国による海洋進出のけん制や緊迫化する台湾情勢を念頭に、日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」の連携を強化する狙いがある。15日まで関東南方の太平洋上で、対潜水艦や対空戦闘の訓練、洋上補給などを実施する予定だ。

 海自横須賀基地に停泊する護衛艦「ひゅうが」の甲板上で開かれた式典には、4カ国の艦隊司令官ら200人以上が出席。自衛艦隊司令官の湯浅秀樹海将は「われわれは力を背景とした一方的な現状変更の試みに反対する。4カ国の緊密な連携と結束を世界に示すことは極めて重要だ」と強調した。