世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題で政府が検討している被害者救済法案に関し、教団の信者を親に持つ「宗教2世」らが23日、東京都内で記者会見した。これまでに政府が与野党に示した法案の概要では、救済される範囲が限定的などとして「被害者の声を聞いた上で再検討を求める」と訴えた。2世は仮名で、会場とオンラインから参加した。

 山本サエコさんは、概要では、個人を「困惑」させた場合に寄付の取り消しができるとしていることを巡り、信者は使命感から献金し、実態と懸け離れていると指摘。「教団側に『これなら安全ですよ』と指南しているようで『統一教会救済法』だ」と批判した。