防衛省は30日、中国の爆撃機や戦闘機、ロシアの爆撃機計8機が同日午後、日本海から東シナ海、太平洋の長距離を共同飛行したと発表した。航空自衛隊の戦闘機がスクランブルした。