世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法の法案が国会に提出されたことを受け、信者の両親を持つ小川さゆりさん=仮名=は3日までに「他の被害者と日々交流しているが、誰も救われない内容になっている。政府は検討し直してほしい」と訴える動画をインターネット上で公開した。

 岸田文雄首相は、教団の被害者と面会したとしているが、小川さんは「その被害者がこの法案で救われるのか」と疑問を投げかけた。動画公開の理由として、臨時国会の会期末が迫っていることを挙げ「今声を上げないと、タイムリミットが近づいている」と焦りを募らせた。