日本列島は25日、この冬一番の寒気が流れ込んだ影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が降った。各地で車の立ち往生が発生、鉄道や空の便にも遅れや欠航が相次いだ。西日本は大雪のピークを過ぎたが、北日本では26日も荒天が続く見通しで、気象庁は猛吹雪や低温、高波に警戒を呼びかけた。

 25日未明から朝は各地で記録的な低温となり、熊本県甲佐町で氷点下9.0度、愛知県常滑市で同3.4度、新潟市東区で同5.6度を観測し、いずれも観測史上1位の最低気温となった。

 岡山県真庭市で午前8時までの24時間で93センチの降雪を記録、昨冬までの最大記録を上回った。