奈良県大和郡山市の踏切で昨年4月、全盲女性が電車と接触して死亡した事故を受け、「踏切と横断歩道の安全を考えるシンポジウム」が21日、同県橿原市で開かれた。県視覚障害者福祉協会の井沢みゆき理事は「踏切を迷いなく渡るため、踏切内に足の裏で感じられる誘導ブロックが必要」と訴えた。

 自らも視覚障害がある井沢さんは、踏切内での誘導ブロック整備が進んでいない点について「道しるべがなくなって見放されたような気持ちになる」と強調。小山恵美理事も「踏切内では白杖がレールにはまってしまうので使えない」と指摘した。