自転車で荷物を運ぶ「サイクルメッセンジャー」の世界大会実行委員会は25日、横浜市の首都高速道路で同日未明に乗用車と衝突して死亡した男性が、横浜での大会に出場していた米国出身のパトリック・デューさんだと明らかにした。神奈川県警が身元確認を進めている。

 実行委によると、大会は9月20日から開かれた。「心からお悔やみ申し上げる。レースは事故発生時点で既に終了しており、ホテルへ帰る途中などに事故に遭遇したと推測している」とのコメントを発表した。

 事故は25日午前3時15分ごろ発生。乗用車を運転していた男性は「自転車が現れて止まれなかった」と話している。