観測史上最も暑い夏となった今年は、9月も厳しい残暑が続いた。28日時点で、全国の延べ385地点で最高気温が35度以上の猛暑日を記録し、気象庁が集計を始めた2012年以降で9月として2番目に多くなる見通し。28日も静岡県や三重県で猛暑日となり、担当者は「平均気温は平年より大幅に上回って推移している」と話し、9月の気温は統計史上最高となる可能性がある。

 気象庁によると、9月は、地球温暖化に加えて、太平洋高気圧の西への張り出しが例年より強く、偏西風が北寄りを流れたことで暖かい空気に覆われやすかった。10月から冬(12月〜来年2月)にかけても高温傾向が続くとみられる。

 28日は静岡市清水区で36.0度、同市駿河区で35.8度、甲府市で35.4度、三重県桑名市で35.3度と4地点で猛暑日を観測。東海や関東甲信では最も遅い猛暑日となった。静岡市では、タオルで汗を拭う配達員や、かばんを日よけにして歩く女性の姿が見られた。JR甲府駅周辺では、樹木に設置されたミストシャワーに手をかざし、涼む人の姿もあった。