西日本から北日本では10月1日にかけて、大気の状態が非常に不安定となるとして、気象庁は30日、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、局地的な激しい雨に注意するよう呼びかけた。

 気象庁によると、30日から10月1日にかけて、前線が西日本から東日本を通過し、別の前線を伴った低気圧が発達しながら日本海北部からサハリン付近に進む見通し。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となる。