沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、玉城デニー知事は、政府の軟弱地盤改良工事に関する設計変更の承認指示への対応について、回答期限となる4日に表明する方向で調整に入った。移設計画に反対する知事が承認するかどうかが注目される。複数の関係者が3日、明らかにした。

 玉城氏は3日の県議会代表質問で、承認義務を負うことになった9月の最高裁判決に関し「公平中立な判決を期待していただけに残念だ」と強調。承認の是非には言及しなかった。

 辺野古の埋め立て現場に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、3日も反対派の市民約20人が集まり、知事を支持する姿勢をアピールした。