北朝鮮による拉致問題の早期解決を願う日韓合同のコンサートが9日、東京都港区の韓国大使公邸で開かれた。拉致被害者横田めぐみさんの母早紀江さん(87)がビデオメッセージを寄せ「(日韓)両国の被害者の苦しみに共感し、国際社会の支援をお願いします」と呼びかけた。

 早紀江さんの活動を支援するボランティア団体「あさがおの会」と韓国大使館が開いた。米国など14カ国の大使館関係者や安倍昭恵さんら約30人が参加した。

 コンサートで日本側は新潟市立寄居中でめぐみさんと同級生だったバイオリニストの吉田直矢さんらが演奏を披露した。韓国側は脱北ピアニストの金哲雄さんが民謡「アリラン」などを弾いた。