厚生労働省が24日公表した人口動態統計の速報値(外国人らを含む)によると、2023年1〜9月に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は、前年同期比5.0%減の56万9656人だった。少子化の進行に歯止めがかかっていない。

 このままのペースで進めば23年通年の出生数は70万人台半ばとなり、過去最少を更新する可能性がある。22年通年の出生数(速報値)は79万9728人で、統計開始以来初めて80万人を割り込んだ。

 23年1〜9月の婚姻数は、4.4%減の36万5478組。死亡数は1.6%増の117万6330人で、出生数と差し引きした自然減は60万6674人だった。