鹿児島県・屋久島沖で墜落したとみられる米空軍の輸送機CV22オスプレイに搭乗し行方不明となっている乗員の捜索活動は、29日の発生から夜を徹して30日も続いた。「早く見つかってほしい」。島民らは不安そうな表情を浮かべた。

 付近で操業する漁船の船長中島正道さん(68)は「昨日の件で恐怖が間近に迫ったと感じた」と振り返る。町などから漁の自粛要請は来ていないという。

 屋久島漁協の鮫島洋一さんは「漁協に救助活動の要請があれば対応できる準備をしている。早く救助されてほしい」と心配そうに海を見つめた。