西日本から東日本の太平洋側では16日にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は14日、落雷や激しい突風、ひょう、急な強い雨に注意を呼びかけた。

 気象庁によると、低気圧が15日朝、日本海に発生し、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気が不安定な状態となり激しい雷雨が降る所がある。

 発達した積乱雲が近づく兆しがある場合、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう求めた。ひょうに備え、農作物や農業施設の管理にも注意が必要だとしている。