西日本から東日本の太平洋側では、低気圧や前線の影響により、16日朝にかけて大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は15日、落雷や突風、急な強い雨に注意するよう呼びかけた。ひょうが降る恐れもあり、農作物や農業施設の被害に備える必要がある。

 気象庁によると、15日朝には日本海に低気圧が発生し、低気圧から延びる前線が16日にかけ日本付近を通過。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側では、雷を伴って激しい雨が降る所がある。

 真っ黒な雲が近づいてきたり、急に冷たい風が吹いたりした場合には、建物内に入って雷や突風を避けるよう求めている。