宮内庁は21日、寛仁親王妃信子さま(68)が両目とも原発性閉塞隅角症と白内障であると診断され、3月3日に慶応大病院(東京都新宿区)に入院し、4日に手術を受けられると発表した。数日間入院する。

 宮内庁によると、信子さまに自覚症状はない。昨年末に人間ドックを受け、その後の再検査で見つかった。手術で眼内レンズを挿入する。