長崎市で通販大手アマゾンジャパンの商品を扱うフリーランスの配達員ら3人が4日、市内で記者会見を開き、配達員が契約する2次下請け会社に対し、1次下請けが一方的に配達の委託契約を打ち切るのは不当として、ストライキを実行すると1次下請けに通告したと明らかにした。ストは8日から無期限で、約70人が参加する。

 配達員らによると、1日当たり少なくとも荷物約5千個の配達に影響する。昨年12月、横浜市の1次下請けが、埼玉県川口市の2次下請けに今年4月で契約を打ち切ると通知。配達員が加入する労働組合「東京ユニオン」を通じて団体交渉を求めたが、応じなかった。