宮内庁は18日、天皇、皇后両陛下の長女愛子さま(22)が26日から1泊2日の日程で、伊勢神宮(三重県伊勢市)と、初代天皇とされる神武天皇の陵(奈良県橿原市)を参拝するため、三重県と奈良県を訪問されると発表した。2021年に成年を迎え、今春に学習院大を卒業することを報告する。単独での参拝は初めて。

 26日に東京駅から新幹線などで三重県に入り、伊勢神宮では衣食住の神とされる豊受大神をまつる外宮、皇室の祖神とされる天照大神をまつる内宮の順に参拝。27日に奈良県に移り、神武陵を参拝後、帰京する。

 学習院大の卒業式は20日に予定され、愛子さまは4月から日本赤十字社で嘱託職員として勤務する。