西日本から東日本では21日にかけ大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は20日、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、ひょうに注意を呼びかけた。西日本の日本海側と東日本の山沿いでは大雪の恐れがあり、交通に影響が出る恐れもある。

 気象庁によると、西日本から東日本の上空約5500メートルには21日にかけ、氷点下36度以下の強い寒気が流れ込む。関東の東にある低気圧が発達し、西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹いて、海上は大しけとなる所がある。

 21日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北20メートル(30メートル)。波の高さは伊豆諸島7メートル。