金沢大の卒業式が22日、金沢市のホールで開かれ、学域の卒業生と大学院の修了者ら計約2400人が新たな門出を迎えた。式の冒頭、能登半島地震の犠牲者への黙とうをささげ、和田隆志学長は「能登半島に思いをはせ、被災地の復興、再建に真摯に関心を持ち続けてほしい」と卒業生らに呼びかけた。

 金沢大は石川県唯一の国立大で、地震による目立った被害はなかった。文部科学省などは1月の大学入学共通テストの際、被災のため欠席した生徒向けの追試験会場を金沢大に特例で設けた。