北海道八雲町で昨年6月、トラックが都市間高速バスに衝突し、バスの運転手と乗客3人が死亡した事故で、道警は22日、業務上過失致死傷容疑で、トラックを運行していた養豚会社「日本クリーンファーム」(青森県おいらせ町)の道南事業所で安全な運行を管理する立場だった57歳と52歳の男性2人を書類送検した。

 また道警は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、死亡したトラックの男性運転手=当時(65)=も容疑者死亡のまま書類送検した。

 注意義務を怠り、6月18日午前11時55分ごろ、八雲町の国道でバスに正面衝突する事故を発生させ、バス運転手と乗客3人を死亡させ、客12人に重軽傷を負わせた疑い。